読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あざけり先生、台風きどり

「卵は完全栄養食」が口癖

モチのような日々

絵に描かれた餅を食べられるような毎日だったらいい。そんなことをぼんやり考える。

春の盛りを過ぎ、出勤する時、ツバメが運転する車の中から見える風景に黒い線を引きながらさかんに飛び交っている。

それを見ながら、今年はダメなツバメが私の家に来なかったけれど、どこかでうまくやっていればいいな、死んでしまったのなら寿命を全うしていればいいなと思う。

ダメなツバメは、何年間か私の家の玄関に続けてやってきた。
ツバメたちが春のはじめに巣を作りはじめる頃、ダメなツバメも同じように枯れ草なんかを集めだすのだけれど、捨てられたストローや、ポリエチ袋の破れたゴミがけっこうな比率で混じっていて、明らかに見た目が悪い。

その上、せっかく運んだ巣の材料がボロボロ崩れたり落ちてきたりして、玄関のドアの前にいつも泥とゴミが散乱している。しょうがないなと思いながら、玄関掃除用の先っぽがプラスチックになっているホウキをホームセンターで買い、たまに玄関から雑に掃き出した。

巣といえば、間違ったゴミと草や泥でなんとか形にはなっているけれど、間がスカスカで、見た目が明らかに悪い。それでもなんとか「巣が完成した」という状態までこぎ着ける。

相手がこない。

巣を作ったのに、肝心の相手がいない。何回か二羽のツバメがいるところを目にしたけれど、結局一羽だけでボロボロの巣に乗っている。

ツバメが巣を作ったら、自動的にヒナが産まれ子育てをするとそれまでは思っていたけれど、よくよく考えたら、こんなボロボロの巣じゃ子育てするのも危険だから、メスも寄りつかないし、巣の様子を見れば、絶望的に他のこともヘタクソなのは見てとれる。

一羽だけでポツンと過ごすツバメが描いたモチはどんな形をしていたんだろう。

しっかりとした美人ツバメと一緒に子供を作り育て、南に渡る夢を見たんだろうか。そんなダメなツバメが私の家に来るというのは、なんだかダメがダメを呼びあったようで、そう考えると苦い気持ちになるので認めたくはないが、仲間意識を持っていた。

ダメなツバメが今年は違う家に巣を作り、ペアを作り正しいツバメライフを送っていてくれたらいいなというのが、今の私が絵に描くモチだ。

なんだかんだあったし、これからもあるだろうけれど、自分が過ごすこの毎日も悪くないなと思いながら、窓の外を見る。曇り空の下でツバメ達が低空飛行で虫を追いかけている。「雨が降る前はツバメが低く飛ぶ」という言葉がいつも浮かんでくる。この景色が自分にとってのよい兆しであるといいなと思う。

自分にも、みなさんにとってもこれから降る雨が慈雨でありますように。レインメーカーみたいないい言葉を最後に置き、久しぶりに書いた長い文章を終わります。

エアコン、キャバクラ、生きるちから

大人になったら、熱いお茶なんて飲んだりして、安定した日々を過ごして落ち着いてゆくと思っていた日々を過ぎ、いつの間にかいかんともしがたいものばかりに囲まれて今に至る。


The Fugees - Killing me softly - YouTube



いろいろな場所を放浪カモメみたいに転々と移動しながら時を重ねる人や、なんだかんだと人に説明する理由を口にしながら親の持っているスペースに暮らし続ける人もいる。

徐々に自分でもくっつけるつもりのなかった事柄を体に引っ付け、塊魂みたいに大きく巻き込みながら日々は続いていく。くっつけたものの大きさにかかわらず、中心の自分の体や心は予想以上に成長せず、自分の姿を見てみると、経年劣化でガタがきたりしているのにむりやり動かさなければならず、途方に暮れてしまう。

もういいや、そろそろ終わりにしようと考える人がいるのも理解できるし、さもありなん、自分もそうしたいよとぼんやりした希死念慮にも似た感情がふと浮かぶ。肩をつかまれ、泥水の中にぶち込まれ、強い力で押さえられているような事態にあっても、もうすこし、もうすこしと汚れた体で立ち上がり歩かなければならないのか。

そんなことをかんがえたりしながらも、人がそんな言葉を口にしたら、いなくなってしまうことが寂しいしこわいので、ダイレクトではない言葉でサジェスチョンや物事の整理を手伝ったりする。こういう時、思考やものを見る目というのは自分の前側についていてよかったと思う。


そんな時に自分の頭に浮かぶ言葉は「でえだらぼっちみたいな3メートルぐらいのかみさんが家にいて、片手でつまんでお風呂に入れてくれたらいいな。もしくは人から教えてもらった”お風呂ロボット”完備(UFOキャッチャーみたいな装置に首筋を掴まれ移動してから、椅子がついた脱出用カプセルのような未来のシステムに入り何もせずにお風呂タイムが終わる)ができないかな。そしてモテたいなぁ…」である。

そこに深刻さや苦悩が感じられないところが自分でもどん底だなと思う。

「モテたくてパーマネントっすよ
キャバクラみたいなとこ行きたいっすね(行きたいっすね)
キャバクラみたいなとこ、もう、最高ー」
(ギ・おなら吸い込み隊:「モテたくて…」)

モテたくて・・・by ギ・おならすいこみ隊 - YouTube

この歌に描かれたイメージが、しんどい時や、どうしようもない時に頭に浮かぶ。いつもそんな感じなので、自分にガッカリする上、そんなにダメージなんてないんじゃないかとも感じてしまう。後、未だキャバクラみたいなとこに行ったことがないので、想像上のガンダーラ(理想郷)として位置させているのもいい歳をしてどうかと思う。
キャバクラに関しては、近いうちにヨシダ課長というキャバクラに関しては段位を持っているような先達に三顧の礼を尽くし、鎌倉あたりで年内に連れて行ってもらい、その場所に居るときは太鼓持ちとしてのポテンシャルを十二分に発揮しようと、イメージトレーニングは欠かしていない。

生きる力を私にください。こういう時には具体的な例をあげたほうがイメージしやすいので、具体的に表現しようと思います。
私の家にあるエアコンが5つが5つともぶっ壊れて室外機も回らない状態であり、このまま梅雨を越え夏になると熱中症で命を落とす危険性もあるので、地球の中にあるただひとつのよく回るけれど、全く間違った方向に向いてしか咲けない矢車草のような命を救えるチャンスを提示したいと思います。




いのちのサポート!

車の先端につけることで、心の痛みを軽減できます


取り付けは自分でできるので、コンゴトモヨロシク……

すべて藤くんになる

いきなり「すべては藤くんになる」と伝えられて、あなたの頭の中には疑問符しか浮かばないことだろう。ここで書かれる「藤くん」とは、BUMP OF CHICKENのボーカルの、前髪が長い、細身の人を指している。しかしながら、現実の「藤くん」に関して私は知らないことが多すぎるため、イメージ・象徴としての「藤くん」について書いてあるだけで、悪意もなにもないことを最初に断っておく。いや、断らしておくれ、断わらしてくれないかと、横山大寛の描いた「無我」のさまよう赤子のような姿と魂でお願いをする。
参考画像:横山大観画・"無我"
横山大観

私のitunesの中にはバンプ(オブ・チキン)のベストアルバムと最新作”RAY"が入っており、適度に拝聴している。独特の声と、疾走するようなメロディライン、私が中学生の時に作詞をしていた友達が見せてくれていたノートに書かれたような、終わらない思春期の甘酸っぱさを含んだまだ熟していない固い果実のようなリリック。

BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]
BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]

RAY
RAY

最近のバンドは違いがよくわからないという知人に私の知っている知識だけで説明をした。「最近の」といっても、バンプアジカンフジファブリックストレイテナーの4バンドについてだった。

それで私の答えは簡潔だった。「すべては藤くんに統合される段階に過ぎず、4つに見えるけれど、最終的には「藤くん」に収斂してゆく過程にすぎないと。

藤くんは細身の前髪が長いバンドマンらしいバンドマンのように見えるが、その前髪は「目付きが悪いのがコンプレックスで」というエクスキューズによって隠そうとしているが、かなり上部にある、邪眼を隠すために存在しており、台風の時に起こる強風を受けても、そよぐだけで肝心の邪眼までは見えず、絶えず邪眼が開かないように風の吹いている方向に常に正面を向けなければならないという生きづらさを抱えている。

敵が目の前に現れた時に第一段階として、藤くんは警告する前に、相手の心を中学生のこじらせた少年もしくは純粋な女の子の気持ちにさせようと、中学生のレベルに合わせた”唄”で和らげようとする。
「俺はとにかくタンポポと空と手と星空となくしてしまった夢が大好きだ。敵ではない」と伝える。それでも心を閉ざし、否定的な大人には、夏休みや冬の寒さについて語り、最後に「ラララ、ラララ」と歌う。しかしながら、ゴールデンウィークもお盆休みもなく、ささくれだった大人は「ブラックだーブラックだー、蟹工船で親方にしごかれてんだよこっちは」と伝わらない。

理解し合えない、悲しい大人と、星の王子さまのような藤くん。凝り固まり、こじれてしまった大人の心を開くために、一人の力ではどうにもならないと、後ろにCGでバンドのメンバーを書き割りのように描き、ターゲットが違うバンドをその細身の体に取り込み、統合してゆくことを決意したのである。

まずはアジカンが抱えている人数も、ファンの数も多いので、アジカンを取り込もうとした。アジカンホビット族に属し、真面目で力持ちだが、いかんせん魔法が使えない。そろそろバンドにも飽きたし、ボーカルもGOTCHと自分で自分のあだ名を英語表記にするほど心が弱っている上、自然を愛したり、大きな敵、ビッグ・ブラザー的なものとの戦闘しているように見える。その上魔法は「リライト」という、自分がしたことを上書きするようなものしか使えない。

アジカンも花やなくしてしまった物(なんについてかはさっぱり具体的に説明してくれない)、空、土手、電車が好きで、iPhoneで小物やご飯をせっせと撮りながら、中途半端に別れたりくっついたりするまあまあ若い人たちを味方につけている。その人々は怒ると浅野にいおの漫画を10巻ぐらい、時速40キロぐらいで投げつけてくるので注意せねばならない。

一番気をつけなければならないのが、アジカンが負けそうになった時だ。とてもくさい汁をかけてくるので相当に危険である。洗濯を普通に3回しても匂いは取れないし、クリーニング店で脱臭をお願いしても断られるほどだ。

自分が一体何を伝えたいのか迷走しているので、今日はこれぐらいにしておこうと思う。

そして、どうしてもこれを聴いてほしい

ベル - Bump of Chicken 歌詞付き (英語のも)
ベル - Bump of Chicken 歌詞付き (英語のも) - YouTube



切符をなくして、ホームで猫背になってからどうしたのだろう。全区間の運賃を払ったのか、駅長室でこれから気をつけなさいで済んだのかが気になってしょうがないのに、訳のわからない抽象的な歌詞でごまかされてモヤモヤしたまま。駅に降り立って切符がないというエマージェンシーな事態にはラララじゃ乗り切れない。どうしたんだよその後…… 教えてよ藤くん……